Innovation

Innovation

2021年度 (令和3年度)

社員教育

ICT建機を用いた雪上彫刻

ICTバックホウの技術検証として、本社敷地内にて設計データを用いた雪上彫刻に取り組みました。
砂子組本社敷地内のスペースにて全長120mほどの3Dロゴマークを作成し、
弊社と協力関係を築いているHELICAM株式会社様に撮影のご協力をいただきました。


≪雪上彫刻の完成写真≫


現地ではARを用いた位置確認を行い、現地に3Dモデルを投影して
完成形状やスケールの事前確認を実施。


≪タブレット端末(AR)での3Dモデルの投影≫

施工にはマシンコントロール搭載のICTバックホウを使用し
細かな微調整は手作業で形状を整えつつ作業にあたりました。

≪ICT建機にてロゴマークを彫刻≫

掘削完了後の着塗料などは環境に優しいものを使用しており、
ロゴマークの青色部分にはホタテの貝殻から作られたパウダー、
文字部分の黒色部分は畑に使う融雪剤を採用しました。


本取り組みは若手社員教育の一環として実施したもので
新入社員を含む入社3年目までの若手社員6人を中心に
計画、3次元設計データからICT施工までのすべての工程にチャレンジしました。


≪若手社員が中心となって段取り・施工≫


≪担当した若手社員たち(1年目~3年目)≫

ページトップへ